新型コロナ騒動で世界中がてんてこまいです。バカが“人権先進国”なんて過度にもてはやす欧米各国が人々の移動を禁止し、破った人間に対しては罰金や逮捕まで課している今、結局「人権」に勝るものは「人命」であることを皆様理解できたのではないでしょうか。
mabodofu2

 そうした中、2019年12月まで「なんてオレ達は幸せだったんだ……」と思うことを箇条書きにして列挙します。

・「ヤクザとタピオカ」とか「芸人闇営業騒動」みたいなネタでキャッキャできた。

・「今から飲み行こうぜ!」「いいね!」ができた。

・カレンダーには飲み会や遊びの予定がぎっしりだった。

・新しいプロジェクトを開始するにあたり、打ち合わせをしたり、打ち合わせと称した飲み会をし、アイディアを出し合え、興奮できた。

・プロスポーツをいつでも観ることができた。たまたま神宮球場の脇を通った時、歓声が聞こえ、そしてカクテルライトがついていた場合「ちょっと外野席でビール飲まない?」なんて誘うことができた。

・街を歩く人々がマスクをつけておらず、しかめっ面をしていない。

・サラリーマンの酔っ払い集団がそこらへんでたまっていて「いぇー~!」とかやっている。

・ラーメン屋の行列、オレは嫌いだったけど、あれもいい光景だったんだな……。

・ランドセルを背負った子供達が嬌声をあげながら放課後、歩道橋を降りた後「じゃあまた明日ね~!」とやっている。

・いつも行く居酒屋が大混雑で各所で「すいませーん!」の声が聞こえている。

・一緒に仕事をした人が「今日は成功できましたね!」とガッチリ握手をしたり、ハグをしたりできた。この瞬間「あぁ、苦労が報われた」と思ったが、今はこれができない。

・初めて入った飲み屋で「コレ、うまい!」なんてカウンターで言ったら隣の常連が「ここ初めて? この店、なんでもおいしいよ! アンタいい店みつけたよ!」なんて言ってくる。

・コンビニでおでんが売っている。パン屋ではトングで自由にパンを取れる。

・電車に乗ったら容赦なく空いている席に座れる。今は各人が間隔を開けて座りたいだろうから誰かと誰かの間の席には座らないようにし、新聞を顔の前に広げて飛沫防止をする。

・「コミケが大混雑」「行楽地は長蛇の列です」といったニュースが流れている。

・イベントに出演したら大勢のお客さんがいて登場の瞬間に「うわーっ!」と言ってくれ、万雷の拍手をくれる。

・スーパーやコンビニの棚は豊富な商品で溢れており、”選ぶ楽しみ”がある。

・なでしこJAPANが2011年のW杯で優勝。その瞬間、ツイッターは大騒ぎに!


 皆さんも普段は当たり前だった光景が実は甘美なもので貴重なものだったな、としみじみと考えていることでしょう。さっさとコロナ禍は収束してもらいたいですね。

 皆様に幸あれ。