3月16日19:00~角川第1本社にて、「儲かるクリエイティブ系零細企業の作り方と経営・営業方法と社長の心得著者セミナー・イベント」をやります。クラウドファンディングで「30名」集まれば実施するのですが、残り3日であと14人、どうするオレ? みたいな状況で尻に火が点いた感じでようやくブログ書き始めました。運営のS氏、ゴメン、遅くなりました。
DSCN4180

 内容としては、以下の通りです。

「上場したい!」とは思わないまでも、会社員をやるよりかは高い収入を確保したり、副業として家計を豊かにするには零細企業の経営がいい。本講座では、フリーランス歴16年&会社経営歴7年で一度も赤字になったことがない"意識の低い"社長の心構えを紹介します。

まぁ、もしもクラウドファンディングが成立した場合、当日お話することをここで書いておきましょうかね。基本的に私は普段セミナー的なものをやる時は「マスコミの論理」「ウェブライティング術」「ウェブ界隈の世論の作られ方」みたいな話が多く、「経営」については話したことはありません。今回、担当のS氏から「なんかクラウドファンディングでやりましょうよ! まぁ、普段とは違うことでやりたいッスね」と朝11時、2人してフレッシュネスバーガーのビールでぐでんぐでんになって打ち合わせをしていたのです。

そこで「あのさ、『意識の低い零細企業の運営』ってのはどう?」とオレが言ったら彼も「いいじゃないっスか!」となって、こうした会を準備することになったのでした。さて、今回はあくまでも「クリエイティブ系」(なんかこそばゆい言葉であんまり好きじゃないけど)の会社の作り方と運営のやり方についてです。 ※東京及びその近郊に当てはまります

「ワシ、水道管工事で一旗挙げます!」とか「ワシ、平成の松下幸之助を目指します!」みたいな方は来たら落胆するので、基本的には広告・PR・編集・ライターあたりの分野に関する会社運営であるとお考えください。

私自身、フリーランスの時代が9年あり、会社は7年経営してきました。これまで一度たりとも赤字になったことはなく、弊社のもう一人の社員・Y嬢とともに超高収益で運営していると思います。そこらへんのやり口に加え、あとは「いかにぐーたら社長になるか」といったことも含めて解説します。それでは、現在私の頭の中にある当日のテーマについてです。

・まずはフリーランスから始めよう
・会社を作るタイミングっていつか?
・15万円で会社を作る 
・設備投資は極力少なく 
・「〇〇年まではこうなっていたい」という「夢想」を「目標に近付ける」ための行動指針の作り方
・弊社がやっている業務がいかに広範囲か(いかに「文章」にネット時代は可能性があるか、について)
・従業員は1人だけ
・社長は現場に徹しろ
・営業のやり方
・とりあえず「できます」
・仕事が仕事を生む例
・仕事を受ける基準/仕事を断る基準
・経理/税金/確定申告は「美味しんぼ」の「究極のワイン選び」を参考に
・節税対策
・信頼できる外注先の見極め方
・ 切るべき外注先
・売り上げ増加の方法
・仕事の幅の広げ方とコア・コンピタンスの重要性
・仕事の維持のやり方
・リピートしてもらえる対クライアントの態度
・人的ネットワークの拡充方法
・価格交渉のやり方/値付け方法
・子分プレイのススメ
・「基本的に仕事人は皆困っている」という事実を理解すれば仕事はうまくいく
・税務査察の生々しい実態
・クリエイティブ業界(主にウェブ)の現在


以上です! クラウドファンディング、なにとぞよろしくお願いいたします! かたっくるしい「ビジネス起業セミナー」ではなく、「ワシのガハハハ会社ドタバタ立ち上げ&運営方法、ウッ、ゲホッ、あべしっ!」みたいな話をします。一見フザけているように見えるかもしれませんが、マジメにやりますんで。それでは良い一日を