よく「人間は寝ている間にコップ1杯分の汗をかく」って言われますよね。それで、布団やベッドは1日7~8時間も過ごす場所ですので、これが長期にわたったら果たしてどれほど汚れるのか? 177cm、93kgの巨漢・食べ歩き大好き43歳男性が2年間使ったマットレスを洗ってみた動画がこちらです。
この動画は、浅田真央や錦織圭が使っていることで知られる高反発のマットレス「エアウィーヴ」の「四季布団」を水で洗ったものですね。寝返りが打ちやすく快眠が達成されるというマットレスなのですが、もう一つの特徴が「マットレスの内部を洗える」ということです。

通常マットレスをキレイにするとなれば、せいぜいベランダにたてかけて布団叩きでポンポンと叩いて埃をドバーンと巻き散らかすことぐらいしか考えられないでしょう。しかし、エアウィーヴの場合は、中に春雨のごときファイバー状素材が絡み合っており、これは通気性が良く水洗いが可能なのです。

そしてこの動画は、同社関係者より「マットレスって長く使うととんでもなく汚れるものなんですよね…。汗やゴミって蓄積するものなんです。ベッドってカバーは洗ったりするけど、中身までは気が回らないのですが、ホント、引いてしまうぐらい汚いですよ…」と言われたことから「じゃあどれだけ汚いか実際見てみましょう」というワケで作ったのでした。

基本的にハウスダストやダニの死骸などと一緒に毎晩おやすみなさいしていると、アレルギー性の鼻炎などを引き起こしてしまうわけで、本来はマットレスも清潔にした方がいいらしいのです。というわけで、ここからは動画制作にあたり、私の家の風呂で実際にマットレスを洗ってみた様子を写真で振り返ってみましょう。

※注意:後半、たいへん汚い写真が続きます!

これがカバーのついた状態のエアウィーヴ
003a
カバーを外した状態。これが「エアファイバー」で作られたマットレスの「コア素材」。灰色にくすんでいます…
DSC00026
40℃以下のぬるま湯を張ったバスタブにマットレスを入れます。カバーは洗濯機で洗います
water
コア素材をバスタブの中に入れ、踏み洗いをします、うぎゃっ、すぐにお湯が灰色に濁った!
DSC00036
ここで一旦取り出し、お湯の色を見てみましょう
DSC00038
すさまじい色になっています。ここで中性洗剤を入れます
DSC00049
そしてさらに足で踏みつけると、ますますお湯は濁っていく・・・
DSC00053
洗剤で徹底的に汚れを落とした結果の色がコレ。怪しいシャボンのようなものも浮かんでいます
DSC00066
そして、お湯を抜いた後、バスタブの底と壁面に残った謎のゴミ…。見よ、これが2年分の汚れだ!
DSC00071
最後はシャワーですすぎます。灰色にくすんでいたコア素材が真っ白になりました
DSC00078
あとはしばらくバスタブの縁にかけて乾燥させれば洗浄完了です
DSC00083

というわけで、寝具の汚れというものは悶絶のものであることがお分かりいただけたかのではないでしょうか。クシャミとかやたらと出る人は寝具の中にうじゃうじゃと存在するハウスダストも原因かもしれませんので、ご注意を。

それにしても、人体ってよくぞ色んなものを作り出すよなぁ…、とこの動画を作りながら思った次第であります。

洗えるマットレス、詳細です。

さらには、錦織圭さん出演のCMもどうぞ。